top of page
  • 執筆者の写真Yae Arai

Vol.21 正常性バイアスがハラスメントも招く



皆様、御無沙汰いたしております。

なんと7カ月ぶりの更新になってしまいました。


ありがたい事に、ハーバードビジネススクールの行動経済学を使った

ビジネスコーディア学の講演や研修も増えております。

 

今日お話しするのは、行動経済学の中の「正常性バイアス」

正常性バイアスとは、日常とは異なる事態が起きた時に、

「正常の範囲内」

「まだ大丈夫」

「この位大丈夫」と捉えて心が平静を保とうとすることです。

 

これはよく災害時の逃げ遅れの例として挙げられますが、

実はビジネスシーンでも多く存在します。

例えば、昨今話題になっている企業内のハラスメント行為。

実はこれも、多分に正常性バイアスが関わっています。

ハラスメント行為を見た第三者が、「この程度はハラスメント行為にならない」

と判断することによって、問題提起されず、

事が大きくなるケースも少なくありません。

更に悪い事には、こういうマインドが社員たちの中に広がると、

ハラスメントが起きやすい環境になってしまうということです。

きちんとした対策が必要になります。

 

株式会社オフィスグレースでは、

日本人女性初のハーバードビジネススクール行動経済学クラス修了者である

荒井弥栄による、

各企業様に適した、中堅から幹部の方までのトレーニングを行っております。

詳しくはお尋ねください。

Comments


bottom of page