top of page
  • 執筆者の写真Yae Arai

Vol.8「知識の呪い」に気が付かないと....



人は、ある事柄について知識を得ると、その知識を持っていない人のことを想像しにくい、つまり、「自分が知っていることは、他人も皆、知っている」と思う傾向があります。


コミュニケーションのなかで、「なぜ、知らないの?」「なんで、分からないの?」という根本の想いが言動や態度や、表情に表れていて、他者を見下したり、上から目線になっている人がいますね。御本人が気が付いていないだけで、周りは不快に思っています。


そして、そういう思考はビジネスにおいても「顧客理解ができない」という点で、マイナスです。

機会損失になる前に、「裸の王様」にならないように気をつけたいものです。

Comments


bottom of page