ソリッド消費とリキッド消費


時代は確実にソリッド消費からリキッド消費に移り変わっています。

注:リキッド消費とはシェアやレンタルサービスなどをはじめとして、モノを所有しない新しい消費スタイルのこと


Z世代においては、特にこのリキッド消費比率が高いですね。

マーケッターはこういった時代の流れと人の心理の移行に敏感でなくてはなりません。

行動経済学は人の心理と経済学のミックスでもあり、マーケティングとの親和性が高く、

これらを合わせると、ビジネスにおいては倍ではなく4倍以上の強みになると、私は思っています。


閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示